守りたい天空の至宝 ─ 聖地チベットを考える ─ 9/19(土) 14:00~

今から出かけなければならないので、とり急ぎ。
こちら、時間ある人はぜひいらしてみてくださいね。
この「芸術フォーラム」シリーズ、高名な研究者の方々による学術的な説明が無料で聞けますので、チベット文化の理解を深めるのにとてもいい機会です。

要予約となっていますが、直接会場へ行ってもだいじょうぶ。

*************************************
守りたい天空の至宝 ─ 聖地チベットを考える ─

スケジュール
2009年9月19日(土) 14:00~16:00
場所・住所
東京都美術館 東京都 台東区 上野公園

講演
ポタラ宮とダライ・ラマ ~近現代の歴史のなかで~
田崎國彦氏(東洋大学東洋学研究所客員研究員)

ゲスト
ラクパ・ツォコ氏(ダライ・ラマ日本代表部代表)

東京・上野の森美術館で開催される「聖地チベット展」に合わせて、チベットの芸術文化とチベット問題にフォーカスした講演会を開催します。

美術館で展示されている、いまは中国政府の管理下にあるチベットの仏様たちや 宝物は、どのような歴史を背負って、はるばる日本までお越しになったのか-- 。

「いまの」チベットを知る人たちが集い、「美術館の展示では足りない、本当の チベット」をお伝えします。上野の森美術館に訪れる前に、訪れた後に、ぜひ足 をお運びください。

参加費 無料
申込み 要 http://tibet-artforum.com/ の申込みフォームから
問合せ http://tibet-artforum.com/ の問合せフォームから

主催 チベット芸術フォーラム
協力 Students for a Free Tibet Japan,在日チベット人コミュニティー
後援 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
[PR]
by epea | 2009-09-19 07:32 | チベット・中国関連
<< 「チベット人は存在しない」 b... Techungさんコンサート >>