戦車の前に ひとり立つ――マドンナのビデオ、無名の英雄

マドンナのビデオが話題になっているそうです。
中国の温家宝首相と五星紅旗を振る人々が、ヒトラーと群集の映像に続いて登場します。
歌詞が聞き取れなくても、あからさまな含意が伝わってきます。



しかし同時に、「善の代表」部分のシークエンスにも注目するべきでしょう。
1分30秒あたりから、戦車の前に一人で立つ男性の映像が4回ほど、差し挟まれています(スーチー女史と法王の前後、ゴア元副大統領の後、オバマ大統領の前)。
若いかたにはピンとこないかもしれませんが、これは1989年の天安門事件の時、世界を震撼させた映像です。

1989年6月5日、戦車の前に人が佇んでいる。 撮影: AP通信Jeff Widener

マドンナは、今の中国をただ批判しているだけではないように思われます。

戦車の前に一人で立ちはだかった、無名の中国人男性。
彼こそ、アウンサン・スーチーやダライラマ法王、オバマ大統領と並ぶ世界のヒーロー。
中国のみんな、お願い、目を覚まして、気がついて!

……そんな期待も込めて、マドンナは呼びかけているのではないでしょうか。
"Get up ... It's time ... Your life ... Your world ...
Time is right now, Can't you decide? Sail to Life! "

この、戦車の前に立つ中国人男性の映像について、しかもそれが複数回挿入されている点について、朝鮮日報の日本語訳記事にもSouth China Morning Postの元記事にも言及されていないのが、少し気になりました。
中国でも若い世代の人々は天安門事件について教育されておらず、知らされていないと聞いています。おそらくこの短い映像の意味するところを瞬時に理解するのは、難しいでしょう。
どなたか中国語の得意なかたに、この場面を解説してネットにばらまいて欲しいと思います。

**************************
朝鮮日報 日本語版
「温家宝首相やヒトラーが登場、マドンナのMVが波紋」

 米国の人気歌手マドンナのミュージックビデオ(MV)に中国の温家宝首相をナチスドイツのヒトラー、アフリカの独裁者と並列して扱ったシーンが登場することが分かった。25日付香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、このビデオは中国で論議を呼んでいるという。

 問題のビデオは、マドンナが世界ツアーで『ゲット・ステューピッド(Get Stupid)』という曲を歌う際にバックで上映される。ビデオは気候変化で氷河が解け、食糧不足、戦争などを連想させるシーンで始まる。そして、「立ち上がれ、時が来た。君の人生、君の世界」という歌詞とともに、ヒトラーとナチスドイツによる大虐殺の映像が登場する。続いて、中国の国旗とともに温首相の顔が約1秒映し出される。このほか、昨年8月の北京五輪で歓呼する人々の姿、独立デモを繰り広げるチベットの僧侶を公安が殴打する場面も出てくる。直後にはジンバブエのムガベ大統領、イラの最高指導者ハメネイ師、ミャンマー軍政トップのタン・シュエ議長なども登場する。

 一方ビデオには、彼らと対比される人物として、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ、ミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさん、黒人差別撤廃を訴えたキング牧師、ジョン・F・ケネディ元米大統領などが挙げられている。

香港=李恒洙(イ・ハンス)特派員
**************************
South China Morning Post
"Video may tangle Madonna in row" by Will Clem Sep 25, 2009

Belated interest in a controversial Madonna video is threatening to embroil the queen of pop in controversy on the mainland.

The video, which the singer has been playing at concerts around the world all year, likens China's rulers to those of Nazi Germany and other violent political regimes.

There have been some angry reactions on mainland internet forums, but the video seems little known in China. It accompanied Madonna's song, Get Stupid, during her Sticky and Sweet World Tour. The last stop on the 27-show tour was Israel.

An earlier version of the video sparked a row in the US last August as it put then presidential candidate John McCain in the same camp as Adolf Hitler. It was shown at 58 shows in the US and 18 other countries over four months, and was included in a DVD released early this year, which also contained references to the central government.

However, the snub apparently went unnoticed on the mainland until now. The video opens with images of melting ice caps and rising temperatures because of climate change, and of famine, war and disease.

The lyrics tell the audience to, "Get up, it's time, your life, your world ... your life, make a choice".

At one point, Premier Wen Jiabao's image is shown flanked by Chinese flags bearing the phrase "get stupid" written in Chinese.
Scenes of cheering crowds at last year's Beijing Olympics then cut to footage of police beating protesting Tibetan Buddhist monks.

The Chinese images follow similar montages of Hitler and the Nazi holocaust, Robert Mugabe and his regime in Zimbabwe, and Iranian President Mahmoud Ahmadinejad and the crackdown on demonstrations in Tehran.
The section also features Senior General Than Shwe of Myanmar and North Korean leader Kim Jong-il.

In the final segment, a montage of images is shown apparently representing the "right" choices for the future: the Dalai Lama, Aung San Suu Kyi, Mother Theresa, John Lennon and US President Barack Obama, among others.
[PR]
by epea | 2009-09-30 01:27 | チベット・中国関連
<< 10/4(日)第2回芸術フォー... 「遊牧」対「農耕」――ノモンハ... >>