三浦雄一郎氏

朝、ニュースを見ていて元気付けられた話。
忘れないうちにメモ

****************************
プロスキーヤー 三浦雄一郎氏
父親に刺激され、70歳という世界最高齢でエベレスト登頂に成功。
(65歳の時は、500メートルの山に登れないほど体力が衰えていた。)

2年後に再びエベレストに登頂するため、現在は標高5000メートルレベルの気圧室(!)の中で寝泊りしながら(!!)トレーニング中。

三浦氏のデータ:
脳年齢35歳、筋肉年齢30歳、骨年齢20歳。
心臓年齢のみ61歳と、高地適応に課題が残る。

鍛えれば体は若返る。
今回のエベレスト再登頂は、医師団を巻き込んでのプロジェクト。

人はいかに若くあることができるか?
医師の言葉
「トレーニング自体がアンチ・エイジング」
三浦氏の言葉
「できるだけワクワク・ドキドキするような大きな夢を持つ。
ただし一歩ずつ、あきらめずに始めること。
その先に、大きな夢の頂きが見えてくる」

明後日、ヒマラヤに向けて出発する。

**************************

途轍もない夢を追っている人を思えば、自分のチャレンジなんて大したことない。
今からでは遅すぎる……なんてこともない。
臆せずに、できることを一歩ずつ積み上げていきたい。
[PR]
by epea | 2006-04-05 07:58 | 日常雑記
<< 2006/04/06  Mea... 2006/04/02  Flo... >>