2006/09/24 (日)  忙中望

秋晴れ。日中は強すぎる陽射しに唇の皮膚まで日焼けした。

午前中、墓参り。実家と連絡がつかず、今回も一人で出かける。電車とバスで、乗り換えも含めて片道およそ1時間半。バスの本数が少なく、乗り継ぎがうまくいかないとそれ以上かかる。早めに家を出たので、お墓では掃除したり読経したりとゆっくりしていたが、午後二時頃に武蔵境まで戻って来ることができた。線路の両脇に続く土手には彼岸花がぽつぽつと群生し、走り過ぎる車窓からは、生き生きと茂る草むらの緑のあいまに紅の火花が、焦点の合わないレンズを透かして見ているように滲んで見えた。

駅前商店街で買い物をして午後三時過ぎに家に着いたら、庭の掃除。ここ二週間ほど散らばったままで気になっていた落ち葉を拾い集めて雑草を抜き、薔薇とスモークツリーを剪定してから、近づいてくる蚊をふりはらいつつ水撒きをする。家の中に入ったら、階段と廊下と居間をざっと掃除、ついでに掃除機のフィルターも掃除。続いて夕飯の下ごしらえまで終えてからひと休みしよう、と思っていたのに、ハタケシメジの土汚れがなかなか落ちない。昨日家人が出先で買ってきた、泥まみれで得体の知れないキノコだ。手こずっているうちに家人が帰ってきてしまったので、そのまま夕食の支度を続け、食事をして後片付けをして、やれやれようやくゆっくりできる……と風呂に入って浴槽でゆっくり手足を伸ばしていたら、タイルの目地の汚れが目について、重曹ペーストを付けた歯ブラシで散々こすったら、筋肉痛になってしまった。

週末はいつも大体こんな感じ。あっという間に一日が終わる。おかしいな、お彼岸のお参りさえ済めば、今日は明るい午後の日差しのなかでゆっくり読書を楽しめるはずだったのに。



昼:
八王子のオートロボ式(?)煮干だしラーメン 半分

夜:
朝獲りいさきの塩焼き
ツルムラサキ炒め
ナスの胡麻味噌煮
得体の知れない菜っぱの卵とじ (まぁまぁ美味)
得体の知れないハタケシメジごはん (かなり美味)
[PR]
by epea | 2006-09-25 21:34 | 日常雑記
<< 『2001年宇宙の旅』 DVD 2006/09/23 (土) ... >>