2008/09/03 (水) 世に出る時

午前中からずっと映像の整理等に追われていた途中で、思いがけない物を見つけて驚く。ウェブでは、引き続き復刊告知のフォロー。

夕方から渋谷でクラブイベントに関する打ち合わせ。イベント構成作家なる人に初めて会う。柔軟な、コロンブスの卵的な発想に驚く。企画の行き詰まりはほどけたが、チベット絨毯あるいは茣蓙、そしてちゃぶ台の調達が必要。

その後深夜まで、今後の方針の大筋を含め、菩薩2名と打ち合わせ。二週間後のラジオ出演に合わせて、1人の菩薩に覚悟を決めていただく。表向きの顔を整えておくこと、オンラインコミュニティは難しい面もあるが、意図して戦略的に取り組んでいくこと。

帰り道で、たまたま示した一言が菩薩の考えてきた方向性やコンセプトに合致した様子。引き出しが多くて、やることはやってきた――こういう菩薩こそ今は表に出て行くべき時。こかさない、ガッチリ支える、自分はクールに後方支援に徹する、と改めてつよく思う。

朝食:いろいろ
夜食:いなりずし、おこわ
[PR]
by epea | 2008-09-04 03:41 | 日常雑記
<< 2008/09/04 (木) 懸念 『雪の下の炎』 復刊、正式に決... >>