ダライ・ラマ法王講演 質疑応答より(2)

お問い合わせありがとうございました。東京分の追加です。

*************************************************
《東京講演より》

(まずは楽しい雰囲気で、「やはり法王様は特別な存在では?」との問いかけに
「いいえ、自分は仏陀のメッセンジャーだと思っています」とお答えになった後で)

Q. 「善い人間」とは、どのような人を指すのでしょう? 
   善い人間であるためには、どのようにあればよいでしょう? (モンゴル人女性)

A.  「善い人間」とは、
(仏陀の)智慧 と
(仏陀の)慈悲 を、持ちあわせている人

そのうえで、他者への善行を為す人、なんらかの行動に移す人

たとえば、南アフリカで反アパルトヘイト運動に尽力してきたネルソン・マンデラ氏。
彼は長年投獄された後、南ア初の黒人大統領となった暁にも白人に対する報復的措置はとらず、黒人・白人間の対立をなくすための宥和政策を打ち出した。また、大統領引退後もさまざまな平和活動に従事されている。彼こそ、「善き人」のお手本である。


と、お話しになったように思います。

……なーんて、ここまでアレコレ、もっともらしく書いてきましたが、いい加減な記憶ですから、全然あてになりません。「へ~ こういう風に聞こえた人がいたんだ~おかしいなぁ~」ぐらいのノリで、軽く受け流してやってくださいね。まゆつば、まゆつば(笑)
[PR]
by epea | 2008-11-10 23:23 | 仏教関連
<< 2008/11/10(月) 9... ダライ・ラマ法王講演 質疑応答より >>