2008/12/06(土) 快晴、表と裏

空気が冷たくて、朝からきれいな快晴、あざやかな空の青。
週末の西武線は空いていて、助かった。荷物を抱えて温かいシートに座り、ひたすら眠くて、車窓をとおして覗ける空の青さを目蓋に感じながら、うとうとしながら移動する。

仏教史の先生から、何事にも表と裏があるでしょう、本音と建前というやつが、と生々しい例を次々と伺う。楽しそうに話を聞いて、顔で笑って心で泣いて、泣きながら帰ってくる。揺らぎを払拭すべく別の先生に確認しようとしたが、納得のいく答えをもらうことはできなかった。事実は複雑で誰にも分からないということと、厭うべき対象を截然と腑分けする難しさの再確認。

帰り道でちょっと不思議な光を見る(右端)。

d0046730_11040100.jpg
[PR]
by epea | 2008-12-07 02:15 | 日常雑記
<< 2008/12/09(火) 送... 2008/12/05(金) セ... >>