『雪の下の炎』 PRサイト プレ・オープン

『雪の下の炎』、予約購入してくださった皆さんの手元には今年中に届けられるそうですが、書店の店頭に並ぶのは来年1月15~20日ごろ、そして書評を依頼する新聞や雑誌などに送られるのは1月末、の予定だそうです。

そこで、その期日に向けて地道なPRを展開したいと思い、専用のサイトを開設しました。

「『雪の下の炎』 復刊に向けて」

なぜわざわざサイトを作ったかというと、以前、ブッキング社の人に「インターネットでも話題が出始めていますよ」と言われて、グーグル検索したところ、逆にあまりの情報の少なさに驚いたことがきっかけです。Mixi のトピックをライブで見ていた人は、かなりの盛り上がりを感じたのでは、と思いますが、Mixi の内容はログインしないと読めないのですよね。何も知らない人がパルデンさんについて調べてみようとgoogleで検索しても、Mixi 内での情報の蓄積は何も出てこないわけです。「これはいけない……」と痛感しました。
けっきょくMixi はクローズドな集まり、なのですよね。

来年一月に、書店に並んだ『雪の下の炎』の美しい装丁を見て、買おうかどうしようか迷った末、家に帰ってネットで調べてみよう、という人がいたら。
あるいは、書評を書くにあたって、ネットでちょいと検索、という人もいらっしゃるかもしれない。
そういう人々に、興味をもってもらえるサイトにしたいのです。

ですから、コンセプトとしては(なにかを強く主張するというよりも)、「軽やかで、穏やかなノリ」を意識しています。できれば背景にエレガントな花柄を持ってきたい(笑)のですが、そこまでCSSをいじる余裕はなさそう。

もう時間がない!と思い、先週末のうちにサーバを借りて、ドメインを取得しました。
fireunderthesnow も残っていましたが、短めがいいだろうと思い、www.palden.info をゲット。 palden.info だけでも飛べます。

HP生成ツールには、Wordpress をインストールしてみました。ブログだけれど、トップページなどはぱっと見、HPっぽく見せたい。
ブログといえば Movable Type が定番だったと思いますが、静的生成によるページ生成(再構築処理を伴う)にかかる時間が、体感的にコンマ数秒長く感じられるので。ただしこれは、Wordpressを使っていても、コンテンツやプラグインの量が増えれば必然的に遅くなるものだそうです。
あと、スパムフィルタが標準装備なのも魅力です。検索エンジンとも相性がいいらしいので、なるべく大勢の人のブログと相互リンクを張って、プレゼンスを上げていきたいです。

とりあえず今はテスト段階で、Wordpressベースでちゃんと自分が管理できるか、コンソールをなるべくいじってみます。いくつか記事を投入して、あと数日様子を見てから、Mixi のスレッドでも発表したいと思います。
[PR]
by epea | 2008-12-16 01:52 | 『雪の下の炎』 復刊
<< 『08憲章』: 一詩人への職質の模様 『雪の下の炎』 1月下旬より全... >>