ロサルの頃の街の様子

10日、11日で各国のニュースサイトにはチベット関連記事がかなりたくさん出回っていましたね。ひところ、Google newsのWorldなんてチベットものばかり更新されて上がっていたらしいです。
ほとんどのニュースでは、「チベット域内に大量の武装警察が投入されている」と伝えています。それって実際、どんな感じなのでしょう?

ちょっと見てみましょうか……?

ラプラン大通りの正月(2009年2月)
ラプラン僧院周辺の正月(2009年2月)
ラプラン街中広場の正月(2009年2月)
ラプラン大通りの正月_2 (2009年2月)
ラプラン大通りの正月_3 (2009年2月)
ラプラン大通りの正月_4 (2009年2月)
ラプラン僧院入り口_1 (2009年2月) 
なんなんでしょう黒ジャージの人たち、おおぜいで? 門前で体操でもしますか?
ラプラン僧院入り口_2 (2009年2月) 
お参りにきたお爺さんに、わざわざ迂回する道を教えてあげているんですね? 親切だなぁ?
ラプラン (2009年2月) 
なるほど! 都合のわるい人を見つけたらすぐこのバンにつっこむのですね? こんなに大きいのを待機させているなんてさすが用意周到ですね、これなら余裕で10人ぐらい突っ込めそうだし、即刻立ち去れば証拠隠滅も完ぺきですよね!
ラプラン (2009年2月) 
皆さん、催涙ガス弾もっていらっしゃるそうですよ。わぁ~さすが 大きくてりっぱな銃に、盾ですね! これならどんなにでっかい石ころが飛んできても対抗できますよね、あたまいいなぁ!

……ごめんなさい、この3月で50周年になるからって、最近になってあわてて警備増強していたわけじゃないですね、もっとずーっと前、去年の段階ですでに事実上の戒厳令を敷いていらしたのですよね! ちゃんと紹介しないといけませんね!
リタン (2008年12月)
アバ (2008年2月)
去年のロサルの頃だって、手抜きなんかしてませんでしたよね! 3月の「暴動」が起きる前にも、こーんなにしっかり警備していらっしゃったんですものね!
リタン僧院の中庭 (2008年11月)
そうそう丸腰のお坊さんを撃つにもしっかり手入れしておかないとね!
ラサ (2008年9月)
いいなぁ~ こんな中をのんびり散歩して楽しそうだなぁ!
青蔵鉄道 (2008年9月)
わぁ~これが噂の『侵略鉄道』なんですね! 車窓の景色が雄大で心が洗われるなぁ・・・!


*****************************
参考:お口直し
本来のラプラン 大タンカご開帳 by 野町和よし氏
エッセイ 「チベット・砕かれた仏の国」
[PR]
by epea | 2009-03-13 01:00 | チベット・中国関連
<< カリフォルニア州議会 VS.中... 熱い!ささ監督のNYレポート ... >>