今週の欧米におけるチベット問題へのアピール関連リンク

(10日、チェコ大臣オフィスの窓に掲げられたチベット旗)
d0046730_374760.jpg

11日、アメリカでは下院でチベット関連決議案が可決し、
"China criticizes US for resolution on Tibet"(ワシントンポスト紙)
"Tibet Resolution passed, Pelosi speaks, and a hundred Tibetans march on LA City Hall"(イグザミナー紙。LAデモの写真を掲載)

先のエントリでも紹介したように、カリフォルニアなど地方レベルでも同様な決議案を審議しようとの動きがあります。
"Tibet resolution stirs controversy in California"(サンノゼ・マーキュリー紙)

12日、EU議会でもチベット問題への実質的な取り組みを中国に促す決議案が採択され、
"EU lawmakers urge China to discuss real autonomy with Tibet" (AFP通信)
チェコでは10日、環境大臣Martin Bursikと教育大臣Ondrej Liskaがオフィスの外にチベット旗を掲げて支援の姿勢をアピールしました。
"Some Czech ministers publicly proclaim support to Tibet"(Ceskenoviny 紙)
"Czech Minister Honors Anniversary of Tibetan Uprising"
(エポックタイム紙。 ↑こちらの写真は環境大臣ではなく、昨年12月に法王と会談したハベル大統領)

*******************
アメリカ下院決議文:
[H.RES.226.IH] 3月9日に提出された版
[H.RES.226.EH] 3月11日に可決された版
■上記とは別に、チベット難民支援策についての法案(Tibetan Refugee Assistance Act of 2009)も3月5日に提出されています(こちらは審議中か未通過)。
[H.R.1340.IH]

EU議会決議文:
"Tibet: EU Parliament Adopts Tibet Resolution"
[PR]
by epea | 2009-03-14 03:46 | チベット・中国関連
<< チベット民族蜂起50周年ピースマーチ カリフォルニア州議会 VS.中... >>