チベット民族蜂起50周年ピースマーチ

今日、14日の午後は、ピースマーチに行ってきました。
寒かった……。でも、よかった! 
悪天候にも関わらず大勢の人々が現れました。沿道からの反応も、とてもよかったのです。ピースマーチ、やった甲斐がありました!!

天気予報では午後から雨があがるとのことでしたが、正午を過ぎても冷たい雨が強まったり弱まったりしながら続いていたため、屋外で震えながらの準備。配布物(デモ参加者用のものと、行進中に付近の通行人に配布するSFTの印刷物)が濡れてぶよぶよにならないように、冷たい雨粒に気をつけました。

d0046730_23263998.jpg
昨夜からの春の嵐の強風で鉄道のダイヤが乱れまくっていて、雨もやまず……けっしてデモ日和とはいえない環境のもと、あまり人出がないのでは、と心配されたのですが、最初はまばらだった人影も、出発地点の公園での主催者&ゲストのスピーチが終わる頃には、公園内は傘でいっぱいに。

ゲストは、ダライ・ラマ法王の甥であるケドゥープ・トゥンドゥップ氏、中国民主家運動家の王さん、ウイグルのイリハム・マハムティさんほか(公園内を動き回っていて皆様すべての話を聞き取れず、お名前を記憶できなかった方、申し訳ありません)。

d0046730_23433467.jpg
しかも、ちょうどマーチが始まるのを見計らったように、雨がやんだのです!







公園を出てから渋谷駅のガード下をくぐり、宮益坂へ。
通行人の方々の反応が、去年より格段にいいと感じました。

d0046730_23435740.jpg













歩道側で足をとめて行列を見たり、写メで撮ってくれている人が大勢いました。
チラシを配っていても、去年とはうって変わって反応がよく、少し離れたところから「ください」とわざわざ手を伸ばしてくださる方、また、受け取りながら「がんばってくださいね」と声をかけてくださる方も!(涙)

用意していったチラシは、コースの半分になる前にすべて配り終えてしまいました。

d0046730_23441820.jpg
d0046730_23454278.jpgd0046730_234625.jpg



















「チベットに、パンダを、返せ~!」
(いえ、今回はパンダ・コールはなかったのですが、)日本のデモではこういった着ぐるみや着物、鎧といった衣装など、通行人の人が思わず目をとめるような趣向を凝らした参加者が多いように思います。

こちらは、冬用の正装?を召されたチベット人女性のファッション。あまりに素敵だったので後ろからパチリ。帽子も毛皮つきでふちが広くて、暖かそう。


そして……華やかな青山通りから表参道にかけての広い道を、チベット旗がジャーーック!
ずーっと先まで、雪獅子旗の鮮やかな色が続いています。

d0046730_23444615.jpg














下の一枚は、最後に、出発点の宮下公園まで戻ってきたところ。先についた人々が歩道橋の上に群がるように、こちらを見ながら待っていてくれています。

公園に入る信号の手前で、私たちがまとまって渡りやすいようにと警官の人が交通整理してくださったのですが、それを待っていたしばらく間に、歩道橋の上にいる人々と呼応するような形でコールすることができたのが最後の盛り上がりになって、ちょうどよかったです。周囲の人々にアピールする格好の機会になりました。

d0046730_23451169.jpg

久しぶりに大声でアピールできて、よかったです。叫びすぎて喉が痛い(笑)  
雨に濡れたせいかちょっとゾクゾクする。。今夜は早めに寝ます。

今日のデモは以前から企画されていた大型のものだったのですが、先週にも似たようなデモがあり、すでに報道されていたためか、今週はTV取材は来ていなかったようです。
通信社の方々は取材に来てくださっていました。雨の中、ありがとうございました。

AFP通信
「チベット動乱」から50年、都内で平和行進

*

最後になりましたが、主催のTSNJ所属団体の皆様に感謝したいと思います。TSNJというのは日本最大のチベット支援組織であるようですが、実態としてはTSNJという名前の一つのグループがあるわけではなく、「代表的な支援グループ間の連絡会」という位置づけなので、今回のピースウォークも複数の団体が協力して成立させたということになるのだと思います。私は当日にちょろっと手伝っただけで状況がよく見えていないのかもしれませんが、中でもSFTJの人々は実質的な準備作業の多くを担っていらしたようにお見受けしました。

SFTJの方々は、先のブログでも書いたように、先週土曜7日「夜」の50周年記念イベントも準備なさっていて、どうやらその佳境の頃合に、急遽もちあがった先週土曜「昼」のもう一つのデモ主催者からあれこれお願いされた事柄が重なり、非常に大変そうなご様子でした(皆さん当然ですが昼の仕事をお持ちなので、もろもろへの対策で連日深夜までメールが飛び交っていました)。そして、7日の当日には、当初SFTJで予定されていた「朝」の中国大使館前アピール&「夜」の集会に加えて、「昼」のデモにも協力……と、終日イベント掛け持ちで、本当に大変だったとお察しします。こうした状況におかれても、SFTJでは大勢で効率的に役割分担なさっていて、たいへん素晴らしいと感じました。

そして先週に次いで、今週末のピースマーチでも実働部隊の役割を果たしておられました。
SFTJの皆様、たいへんお疲れさまでした&ありがとうございました。
[PR]
by epea | 2009-03-15 00:57 | チベット・中国関連
<< 3月17日に生まれて 今週の欧米におけるチベット問題... >>