ラギャ僧院蜂起

(原則、ここではニュースを速報的に追うことはしませんが、数時間前に出たパユルの記事が多少わかりにくいので少しだけ。)

昨日、ラギャ僧院の僧侶タシ・サンポ(28歳)が取調べの途中で中国警察の監視を抜け出し、川に身を投げたというニュースが出ていました。その続報で、この若い僧侶の死をきっかけに、この地域の人々約2000名が抗議行動に立ち上がり、また100名近いラギャ僧院僧侶が逮捕拘束されているとのこと。
AP
BBC
AFP

そして、パユルに出ているのがこちら。
"Thousands protest in Ragya, monastery prefect among 5 arrested"
この冒頭に、「ラギャ僧院で、パルデン・ギャツォを含む5人の高官(僧院長クラス?)僧侶が中国当局によって逮捕された」とある。
Dharamsala March 22 – Monastery prefect (Tib:Gekoe) of Ragya monastery, Palden Gyatso, and 4 others have been arrested today by Chinese authorities, sources said.

この「パルデン・ギャツォ」さんは、『雪の下の炎』のパルデン師とは同姓同名の別人であろうと思われます……『雪の下…』のパルデン師がこの地域に入っているはずがないので。

いずれにせよ、大規模な蜂起のニュース、続報が気になります。
[PR]
by epea | 2009-03-22 23:39 | チベット・中国関連
<< 超レア・超ホット! 『戒厳令下... 緊急アクション: ジグメ僧侶再... >>