超レア・超ホット! 『戒厳令下 リタン潜入記』 by 西条五郎氏

先ごろ、カンゼのリタンに潜入したという日本人ジャーナリスト・西条 五郎氏のレポートが、ライブドア・ニュースに出ています。ちょうど3月10日から約一週間、超・厳戒態勢の敷かれていた時期に、よく入れたものです。あっぱれ!!

3月10日前後以降から数日間は特に、ジャーナリストというよりも外国人そのものが徹頭徹尾、追い出されていた様子。チベット自治区にたどり着く以前に、四川省に入ること自体が難しかったそうです。

先週ごろまで、日本でも各紙に記者が「追い払われた」顛末などの記事が掲載されていましたが、実際、検問はごまかせても、公安による夜中のホテル見回りでしらみつぶしにチェックされて弾き出された場合が多かったとか。あの「のんびりと暮らせる街」成都ですら、チベット人街付近は厳戒態勢だったらしい。

“暴動”に備え、緊張高まる中国・成都
中国・成都で警官隊に取り囲まれた!

その後、西条氏は幾つもの幸運に恵まれて、リタンへ。
事実上の戒厳令下、公安の見回りを逃れるために、ホテルから協力者の個人宅へ、転々とする筆者。
見つかったら自分が国外追放になるのはともかく、案内し、かくまってくれた漢人やチベット人の命が危ない。手に汗握る緊迫感です……ぜひ、ご一読のほど。

四川省のチベット自治州は外人出禁=チベット潜伏記(1) から、今のところ(9)まで。 
【つづく】となっているので、まだ続きがある?


……実はepea、中国にいる西条氏から何度か電話いただいていたのですが、タイミングが合わず出れなかったのでした。こ、こんな大変な状態からかけてもらっていたとは……(怒涛の滝汗) 肝心な時にご協力できず、すみませんでした。
[PR]
by epea | 2009-03-27 03:18 | チベット・中国関連
<< あと24時間:Students... ラギャ僧院蜂起 >>