<   2008年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「人気」と「影響力」の相関関係

パユルの記事『世界の尊敬される指導者:投票結果』(デリーに出張中の中原氏ブログでも紹介)について、この投票結果の元データへのリンクがパユル上に掲載されていないようだったので探してみたところ、France24のサイト内にそれらしきページを見つけました。
視覚的に、なかなかおもしろい作りになっています。

まず、World Leaders Barometer のページに飛んで、下の方に表示される紺色のボタン「WATCH THE BAROMETER」をクリックすると、世界各国の指導者19名に関するアンケート結果の総計が、色別グラフで展開される仕組みになっています。
紺色の棒グラフが、人気度(popularity)。
藤色の棒グラフが、影響力(influence)。
棒グラフの横に、順位の数字が表示されます。

たとえばダライ・ラマ法王の場合、「人気度」については71%もの回答者から支持されて第1位、「影響力」については37%で13位。胡錦濤主席の場合、「人気度」は10%にとどまり17位であるのに対し、「影響力」は52%の回答者が認める第6位。
(2008年11月29日時点)

法王と胡錦濤氏の結果が上下に並んでいて一目瞭然なのは、「人気度」と「影響力」は残念ながら反比例しがちという、普遍的な傾向でしょうか。

このアンケートの対象国は、ドイツ、イギリス、アメリカ、イタリア、フランス、スペインの六カ国だそうで、国別の投票結果は右上方あたり、「Choose a country」の文字の隣に並んでいる小さい国旗をクリックすると、表示されます。
国別の結果では順位までは示されませんが、パーセントの数字を見れば明らかです。
この、国ごとの人気や評価の違いを比べてみても、なかなか興味深いものがあります。

ちなみに、6カ国総計のデータにおいて、法王に次いで「人気度」第2位を獲得しているのはドイツのメルケル首相で、54%の支持率。メルケルさんは「影響力」でも60%を取得して第3位と、両方の尺度ともにバランスよく高得点で、この女性首相が欧州各国で高い評価を得ていることがわかります。
ライバル国のフランスにおける結果を見ても、「人気度」70%・「影響力」66%という、大そうな健闘ぶり。同じ女性として(……などというのは実際おこがましい限りですが)、たいへん心づよく、喜ばしい結果です。

……ただし、このアンケートを見て最もこととすべきは、日本国首相がアンケートの対象にすら挙げられていないという点に尽きるかもしれません。
[PR]
by epea | 2008-11-30 00:38 | チベット・中国関連

『雪の下の炎』復刊 進捗状況続報

チベット人僧侶パルデン・ギャツォ師の自伝『雪の下の炎』の復刊に関する、
現時点での確定事項と進捗状況について、お知らせします。


*************************************************
刊行時期: 12月いっぱい~来年早々

旧版との違い: 日本版復刊に向けたパルデンさんからのメッセージ と、
          復刊にいたるごく簡単な状況説明 を掲載

帯文・表: ダライ・ラマ法王からの推薦メッセージ(旧版の内容を継承)
    裏: 音楽家・坂本龍一氏からの推薦メッセージ

*************************************************


当初、初版に手を加えない状態のまま、なるべく早いタイミングでの刊行を目指していたところ、幸いにも、手を入れられる期限の間際になって、パルデンさんからのメッセージをいただくことができました。
そこで、そのメッセージを挿入するため、刊行時期を12月初旬に延期し、その期限に向けて、復刊を担当くださるブッキング社様、関係者様に鋭意作業を進めていただいておりました。

ところがここでもう一点、予期していなかった要素(一番最初の段階で案としては出ていたものの、時間の制約その他の条件も勘案すれば非現実的であるとして見送ることに決定していた案)が急遽持ち上がってくる運びとなり、間に立ってくださった方、編集担当者の方のご尽力により、その案を生かす方向で話が進むこととなりました。

その結果、諸々の調整作業が発生し、残念ながら、刊行時期が再び延期されることとなりました。

復刊ドットコムを通じて申し込みいただいた皆様の元には、12月いっぱい、年内配送に間に合うタイミングで届けられるよう、出版関係者の皆様には全力でご努力いただいている、とのことです。

長い間応援いただき、お待ちいただいていた皆様には、さらに今しばらくお時間をいただいてしまうこととなりますが、何とぞご了承いただけますよう、お願い申し上げます。
(おそらく数日後に、ブッキング社さんより再度延期のご連絡が届くものと思われます。)

書店店頭には、年明け以降に並ぶ予定、だそうです。
現時点での書店からの注文状況によると、400~500冊程度が書店店頭に出回る見込み、とのことです。

***

今回も、ブッキング社編集者の方には、ある意味で自分を殺してご対応いただき、物事を運んでいただきました。
ここに深く御礼申し上げます。
本当はお名前を出して称えたいところなのですが…… いいかな、名前出しても。だめですかね?(笑)
[PR]
by epea | 2008-11-25 02:42 | 『雪の下の炎』 復刊

フォトジャーナリスト・山本宗補氏サイト、佐々井師関連リンク

先日、佐々井秀嶺師の伝記(まだ存命中だから伝記とは言わない?半生記??) 
山際素男著 『破天――インド仏教徒の頂点に立つ日本人』(光文社新書)を読んで、あまりの面白さに雄たけびを上げていたら、写真家Nさんが情報を知らせてくださいました。
(今リンクを張ってみて気づきましたが、アマゾンにもさっそく寄せられている書評が、いずれも熱いですね。)

日本人フォトジャーナリストの山本宗補さんが、佐々井師を長い間取材なさっているそうです。

インド:佐々井秀嶺・アンベードカル・インド仏教
「標高888mからの浅間山ろく通信」

↑ トップページ、アウンサン・スーチー様の凛とした肖像があまりに美しく、圧倒されます。
このお写真から察せられるように、山本さんは長年、ビルマ情勢を追っておられるとのこと。

休刊間近の月刊Play Boy(「週刊プレイボーイ」ではありません)11月号に、佐々井師へのインタビュー特集が掲載されています。佐々井師のインドでの業績を、手っ取り早く理解するのにちょうどいい感じ。また、気になる『破天』以降、2000年頃以後の活動についても紹介されています。

(それから、この雑誌にはたいへんビューティホーな金髪女性のお姿もたくさん。Play Mateという名誉称号?があるのですね。同じ人類とは思えない・・・ぼぅーっとしてしまう。それにしても、こんな殿方の夢のような雑誌でさえ売行き不振で休刊になってしまうなんて、他の一般書籍はいかに苦戦を強いられているのだろうかと、あらためて心配になってくる。)

また、11月23日付の信濃毎日新聞に、山本氏による『破天』の書評が掲載されていたらしい。残念ながら、信濃毎日のウェブ版には載っていないようでしたが、読んでみたいですね。

先月のキッドアイラックホールでの講演会では司会をなさっていて、世界の仏教関係についても取材なさってきたご様子が伺えました。「お守り」として、十数年ほど前に高僧にいただいたという数珠を首に巻いていらっしゃいました(私の聞き間違いでなければ)。

ところで、つい先週には、世界仏教徒大会なるものが浅草で開かれていたのだとか。お題は、時宜を得た「仏教者の社会問題解決への貢献」。知らなくて迂闊だった、行ってみたかった。
[PR]
by epea | 2008-11-24 00:21 | インド関連

2008/11/22(土) 小さな収穫祭・「冬期湛水」の田んぼにて

抜けるような晴天で、近所の川べりの公園へ散歩に行く。
東京はここ3日ほど、昼間の風が強かったためか、銀杏の葉はだいぶ散ってしまっていた。
d0046730_10332054.jpg

見上げていると、水底にいるみたい。

しばらく歩いていたら、米つぶだらけのでっかいお釜を前のかごに入れて、ガタガタさせながら、一生懸命自転車を漕いでいる人を見かけた。不思議に思ってその自転車の現れた方向に歩いていくと、小さな収穫祭が開かれていたのだった。

地域の人々が実験的に作っている小さな田んぼで採れたお米を炊いて、お祝いしているのだという。「とん汁もありますよ、味見していきませんか?」とのことで、ありがたくご相伴にあずかることに。

収穫されたお米は白いうるち米(下の写真)で、20メートル四方ぐらいの田んぼから、今年は30キロ弱ぐらい収穫できた、という。

昭和40年代当時は東京近郊もまだ田んぼだらけ、メダカやドジョウ、カエルやトンボがいて、たくさんの鳥が飛来していた頃を思い起こしながら、今の子供たちにも田んぼ体験をさせたり、水田に棲む生き物に触れる機会を与えたい、できれば、こうした環境を少しずつ呼び戻したい――という思いで活動されている、とのこと。

お米の粒が立つって、こういう状態なのね。黒い粒粒は古代米だそうです。
d0046730_1034412.jpg

香ばしい湯気が、たまりません。
d0046730_10342738.jpg

「田んぼの手入れがたいへんじゃないですか? 特に春先から夏にかけては雑草との闘いがすさまじいって聞いてますが……」と尋ねたところ、「雑草は生えません!」

えっ? 生えないって、どういうこと? そんなの、ありうるの?? と驚いていたら、説明してくださいました。

この田んぼでは、「冬期湛水・不耕起移植栽培で、無農薬・無化学肥料による、生物資源型農業」を、試験的に行っているのだそうです。

簡単に言うと、冬場も含めて一年中、水を張っている(冬期湛水)から、雑草が生えない。肥料は、その年にとれた稲の米ぬかと切りワラ、くず大豆を撒くだけ(生物資源型・循環型)。
有機肥料といっても、その「有機」物が作られる過程でどのようなものが使われているかわからない場合も多いそうで、「有機だからといって一概にいいとは言えない」のだとか。

d0046730_10344896.jpg

冬期湛水の田んぼ作り参考リンク: 
冬期湛水水田プロジェクト
冬の田んぼに水をためて、 トロトロ層の力を実感!
シバタプラセールファーム

こんなにすぐれた農法があるのですね・・・! 
雑草対策が激減して農家の方に負担がかからず、体によくておいしいお米がたくさんとれて、しかも渡り鳥が羽を休めることのできるような環境が戻ってくるのなら、こんなにいいことはないですね。すっかり感心してしまいました。
[PR]
by epea | 2008-11-23 10:35 | 日常雑記

ジャムヤン・ノルブ氏のエッセイ概要、追記しました


今回の特別全体会議において、ジャムヤン・ノルブ氏の主張は、いわゆる「独立推進派」側からの新しい提案の一つとして、注目を集めるのではないでしょうか。

というわけで、氏のエッセイの後半部分の概要を、昨日の記事に追記しておきました。
よかったら、ご参照ください。
[PR]
by epea | 2008-11-20 00:39 | Jamyang Norbu

ジャムヤン・ノルブ氏のランゼン(独立)エッセイ

特別全体会議の開催を契機に、ランゼン(独立)派の論客の論説が相次いでPhayulに掲載されています。

その代表格が、チベットNOW@ルンタでも度々紹介されているジャムヤン・ノルブ氏
ノルブ氏の流麗な長文エッセイは、春先から9月頃まで毎週のようにPhayulで掲載されていましたが、中道路線の停滞に業を煮やしたのかネタが尽きたのか(?)、10月に入って一ヶ月あまり、新しい文章の更新がなかったようです。

(実際、すでに5月ごろに
「交渉には何の進展もなく毎年同じパターンの繰り返しで、まるで出口のない悪夢、気がつけば自分も前に書いたものとそっくり同じ文章を書いてる、もうとっくにネタは尽きてる、云々」
といった、ボヤキにも似た告白を長々と書いていらっしゃいました。)

ところが今月に入って、ご自身のブログ"Shadow Tibet"にて、新たな論説を精力的に発表しておられます。

最新の文章、"Middle Way Metamorphosis"においては、中道路線維持派に対する論駁がわかりやすく列挙されていたので、以下に抜粋してみました。

(注)まともな翻訳ではありません。
というより、抜粋しているうちにだんだん、「ジャムヤンさん、本音としてはぶっちゃけトークで、こんな風に言いたいのでは?」と思えてきて、かるいノリで書いてしまった。
例によっていい加減な「超訳」です、まゆに唾つけて読んでください。

ジャムヤン氏による元の英文は、きわめて上品かつ緻密に組み立てられています。

*****************************************************
"Middle Way Metamorphosis" by Jamyang Norbu
『中道路線の変貌』

(ジャムヤン氏はこの論説の前半部分で、先の対談に関して、
記者会見における中国側代表の侮蔑的で空疎な態度をYoutube画像へのリンクを添えて
示しつつ、「中道路線に基づく『実質的な自治』を求める交渉は完全に失敗に終わった」と述べています。)

■中道路線推進派は、(中国によって対話交渉の終結が宣言されたに等しい現在にあっても)次の理由から中道路線を堅持するべきである、としているようだ。

1) インドを含む世界各国が、「独立」ではなく「中道路線」を支持している
2) もし我々(チベット人)が「中道路線」をあきらめて「独立」を目的に掲げたら、インド政府は我々の滞在を許さず、チベット人はインドから追放されるだろう

■だが、上記の意見は間違っている。以下、反論。

1) 世界各国は別に、「ウ・ツァン、アムド、カムの三地域からなるチベット統合および、中国内におけるその実質的な自治の確立」を支持しているわけではないでしょう。
単に、「交渉」の継続を支持して、中国指導部にダライ・ラマと対話するようにと、あくまで「促している」だけ。
はっきり言って、国際社会/国内世論に対するポーズだけ。
本気でチベットを支援して、中国市場を失うような真似はしないでしょう。

こういう各国リーダーの態度はチベットの件に限らず、世界中のあらゆる紛争に関していつもとっている、お決まりのポーズ。チベットだけが特別扱いされているわけじゃない。

2) 「独立を掲げたらインドから追放される」という考え方は、見当違いも甚だしい。
こんなことを言うこと自体、インド政府・国民に対して、失礼。亡命政府はこんな迷信じみた誤った考えを、一般チベット人の間に流布するべきでない。

だいたい、インドは現在、アルナチャル・プラデシュ州の帰属をめぐって、中国政府とバトルを繰り広げている 第12回会談を開催している最中。で、その会談の停滞ぶりといったら、われらがチベット・中国交渉と、いい勝負。

中国はアッサム州のテロリストに武器を融通しているらしいし、ネパール政府は今や毛沢東派にのっとられているし、インド国内の毛派も過激さを増しつつ急進中だし、中国海軍はインド洋上に展開しているし…… こんな状況だから、インド政界の中ではむしろ、チベットが中国から「独立宣言するだけじゃなく、何かもっとやってくれぃ」という期待の声が多いんじゃない?

***(以下、11/20に追記)***

■チベットでの一連の騒乱やチベット人による帰還マーチ、デリーでの大規模デモの発生などを受けて、インドのマンモハン・シン首相は、ダライ・ラマ法王を 「生きている人々の中で、最も偉大なガンジー主義体現者(the greatest living Gandhian)」と賞賛。
また、「インドは民主主義国家であり、インドにいるチベット人亡命者には政治的自由が保証されている」との声明を発表している。

■そもそも、中道路線では
「交渉」と「自治」の二つの要素に重点を置きすぎているのが、問題ではないか。

■元来、ダライ・ラマ法王は「非暴力主義」によって自由を獲得しようという一貫した姿勢によって、国際的に高い評価を受けてきた。
それは、ノーベル平和賞受賞理由にも明記されている通り。

■【ジャムヤン氏の提案】
「非暴力主義」を基本に据えたまま、ゴールを「自治」ではなく、「独立」へと変えればよいのではないか。
中道路線をこのように変更したところで、法王が国際的な評価を損なうことなどありえない。
元祖・非暴力主義のガンジーも、「(イギリスからの)独立」をゴールに闘ったのであり、
「(イギリス支配下の)自治」といった、中途半端な目標を掲げたのではなかった。

■とはいえ、実際にこの方針を、いかに具体的な行動計画に落とし込むか?が微妙なところ。
これについては特別会議で議論したいし、このサイトでも公表していく予定だから、これからも見守っていて欲しい。


(以上)
[PR]
by epea | 2008-11-19 00:18 | Jamyang Norbu

特別全体会議の現地レポート

「チベット人特別全体会議」が始まって、ダラムサラは活気づいているようです。

チベットNOW@ルンタの更新頻度もあがっています。
ついていくのが大変なほどで、3月以降の時期を彷彿させられます。
TV番組、見損ねました。どなたかご覧になられたでしょうか。

藤倉さんも、さっそくライブドア・ニュースで現地レポートを発表されています。
[PR]
by epea | 2008-11-18 08:47 | チベット・中国関連

2008/11/17(月) 特別会議開会声明、超ど級・佐々井秀嶺

今日からダラムサラで特別会議が始まっている。そのせいか週末から昨夜まで、連帯委員会のサイトまったく表示されず。アクセスが集中していたため?

カシャック(亡命政府内閣)からの開会声明はこちら
かなり長いね(笑) 一番下に会議の目的が三項にまとめてあります。


今朝はN駅で人身事故で、大幅な遅れ。40分近く車内で待って、痺れを切らして駅の外に出たら、振り替え輸送のバス待ちに長蛇の列でうんざり。……もう、このブログは「毎朝のJR事故日記」と化しました(笑)
東京、人大杉。日本の駅員さん達の仕事の精度や勤勉さは、海外各国と比べてずば抜けていると思う。にも関わらずこれほど混乱するというのは、もう、人が多すぎのせいとしか考えられない。みんな移住を真剣に考えたほうがいい(自分を含めて)。

佐々井秀嶺の人生記『破天』、面白すぎ。今日は…… インド国籍を取得できないまま最貧民層の立場に立って仏教復興活動を続けてきた佐々井が、彼を心よく思わない既得権益者・ヒンドゥカースト上位階級者・政府上級官僚らの陰謀によってあわやインド国外追放の憂き目に―― と思いきや、「バンテージ・ササイ(導師・佐々井)」の危機を知った数十万の民衆が立ち上がる。委員会が結成され、ジャーナリストらが良心的な下院議員とタッグを組み、新聞各紙も連日トップで報道、インド各都市に数万人単位のデモが広がり、仏教徒のみならずイスラム、ヒンドゥ、キリスト、シク教徒ら他宗教信者の厚い賛同をも集め、一ヶ月にしてたちまち集まった60万人分の署名を手に、1500名の陳情団が貸切列車で首都デリーの首相官邸へ向かい、ラジヴ・ガンジー首相(当時)に佐々井へのインド国籍正式認可を迫る…… というくだり。

こんな、こんな……並みの映画よりはるかに波乱万丈やん!! というか、誰か日本人監督、佐々井秀嶺に密着して記録映画を今すぐ撮るべき。74歳・佐々井氏の生きているうちに、今すぐインドへ飛ぶべき。

こんな大事件、どうして日本人の私が全然知らんかったの?? これって、時々報道されているの? ほとんどTVを見ていない自分がいけないの?!? でも、2004年頃の深夜番組については情報が出回っているけれど、他にはないらしい?? どうなってるの、いったい。これからは毎日、ナグプール・タイムスをチェックだ!


朝: ミルクコーヒー、ミルクティーのチョコクロワッサン
昼: 辛子高菜の白味噌ラーメン(辛子高菜おいしかった~)
夜: 茸とホタテのクリームシチュー、ごはん

グレープジュース
カフェオレ
[PR]
by epea | 2008-11-17 08:08 | インド関連

2008/11/16(日) 週後半

先週は後半になってにわかに忙しくなった。本社から要人が来日していたためだ。やはり日本支社の悲しさ、本社の顔色を必死で伺わなければならない……と思いきや、CEO氏への直訴状を作成することに。渡された原稿が、こんなに直接的な表現で大丈夫かいな?と戸惑うような日本語で驚く。その他に、プレスリリース3本、サイト掲載用のWhite Paperのレビューなど。エンジニアの皆さんも英語がよくできるので要求度が高い。「これは技術文書ですが、マニュアルではなく契約書に添付する形になるので法律文書のスタイルを意識して英訳してください」といった風な注文がくる。システム開発関連用語をさらわなければいけない。

電車がよくとまるおかげで、読書の時間が持てるのはいいことだ。今、読んでいるのはインドに勃興している新仏教運動、佐々井秀嶺という物凄い日本人僧侶の話。むちゃくちゃなことをする人で、電車の中で昏倒しそうなほど面白い。こんな破天荒な人が実在しているなんて、しかも今、この時代にインドで生きて活躍しているなんて…驚異だ。

今朝は早朝から、溜まっていたメールの返信など。藤倉さんが、17日からの特別会議の取材でまたしてもダラムサラに飛んでいる。若手ジャーナリストがチベットの話に積極的に入ってきてくださるのは、心強い。


朝: クッキー
昼: かきあげうどん
夜: 冷やっこ・黒胡麻、人参・玉葱・ピーマンのスープ、(真鯛の煮付け)

コーヒー
紅茶
チーズ味ポテトスナック、アーモンドチョコボール、キットカット
[PR]
by epea | 2008-11-17 01:43 | 日常雑記

2008/11/12(水) 朝の列車

JRはいったいどうなってしまっているのだろう。一昨日は朝から15分遅れで大いに焦ったので、昨日の朝は用心して20分余裕をもって出たのにちょうど20分ほど遅れが出ていて、またしても駅からダッシュして汗をかきながらオフィスへ。で、今朝は30分余裕を見て家を出たところ、やはり20分遅れて、到着駅から歩いてぎりぎりに到着した。毎朝これほど連続して人に由来する事故(急病人や人身事故)が起きているなんて、東京は大丈夫なんだろうか。

会社の方は今のところ平穏無事だけど、問題がいくつかあるらしい。私の前任者は半年で、その前の前任者も半年で辞めていったとのこと。果たしてどんな忍耐の修業が待ち受けているのか?(笑)  これまでの会社でもそれなりに激しい(?)経験をしてきたので、それらと比べてどの程度のものか、少し楽しみな気もする。などと余裕をかましていられるのも今のうちかもしれないけど。


朝: 白湯
昼: おにぎり、コーヒー、チョコボール
夜: タモギ茸と豆腐の煮物、野菜スープ、ご飯、バニラ・ウエハス


(メッセージくださった方、ごめんなさい。明日にも返信しますので、少々お待ちください。)
[PR]
by epea | 2008-11-13 01:13 | 日常雑記